スタッフ紹介 (Introduction of the staff)

オーナーシェフ 塚田泰伸 (Owner chef : Yasunobu Tsukada)

<プロフィール>

塚田泰伸   1974年2月5日生まれ  兵庫県神戸市出身  
趣 味     ゴルフ(道具にこだわりあり)

                   スキー(開業以来行けてません)
         バーベキュー大好き

                 (開業以来お客様親睦会としてさせて頂いています)
平成  5年  大阪阿倍野辻調理師専門学校を卒業
平成  5年  神戸オリエンタルホテル入社
平成  7年  神辺高原ブルーリッジホテル入社
平成  9年  ホテルグランヴィア京都入社
平成12年  調理部副主任
平成12年  ソムリエ資格取得
平成15年  調理部主任
平成16年  第7回JR西日本ホテルグループ料理コンクール 優勝
平成17年  第1回全国JRホテルグループ料理コンクール  優勝
平成19年  鉄板割烹爽を開業~現在に至る

<独立までの歩み>

■幼少期

昭和49年2月5日・神戸で生まれた私は幼少の頃から料理好きで、節分の日にはガラス越しに鮨屋の板前さんが造る恵方巻を2時間近く見ていたり、お米の味が変わったとか、調味料の在庫チエックをしたり、母親の調理を側でみて味見をしたり、質問したりと料理にはかなりの執着心をもった子供でした。

■青年期
中学に入ると将来の夢は刑事と今では柄にもない事を言っておりましたが、高校に入学と同時に、ファミリーレストランでのアルバイトがきっかけとなり料理に対する気持ちを再認識、料理作りの道に進む事を決心。高等学校卒業後、大阪阿倍野辻調理師専門学校に入学し料理の基礎を学びました。

■修行期

卒業後、神戸オリエンタルホテルに入社し先輩方に料理界の厳しさを叩き込まれ、色々な料理部門を経験するなかで、現在の鉄板焼料理へのきっかもできました。オリエンタルホテルが阪神淡路大震災でやむおえず休業行になり、友人先輩からの誘いで、兵庫県城崎に有るブルーリッジホテルに入社。ここではスキーに明け暮れる毎日でしたが大型連休の時は寝る間もなく働いていました。
ホテルグランヴィア京都のオープンと同時に入社、五山望で料理・鉄板焼き料理の技術向上に励んだかいもあり第7回JR西日本ホテルグループ料理コンクールで優勝、翌年には第1回全国JRホテルグループ料理コンクールで優勝という成績を残す事も出来ました。料理だけではなくバーテンダーやソムリエの資格も取得し幅広い分野での知識を深めることができ、多くの友人・上司・後輩・お客様と出会う事が出来ました。

■独立期
いつかは独立したいという思いが、さまざまな方からのお応援や支援に支えられ平成19年4月に鉄板割烹爽を開業する事が出来ました。
常にお客様に喜んで頂ける店創りに強い信念をもって日々精進しています。

What's New

祝!13周年

皆様のご愛顧によりまして13周年を迎えることができました。

今後とも、ご贔屓くださいますようよろしくお願い申し上げます。

美味しいお肉とワインでお待ち申し上げます。

13th anniversary!

We could meet 13th anniversary.

Please also support us from now on.

We're waiting for you with good meat and good wine.